クライミングジムのTシャツをデザインしました!

こんにちは、
今日は今年の6月に深谷のクライミングジム
Lutra Lutra Climb ParkのTシャツデザイン
をした事について書いていきます。

Lutra Lutra Climb ParkのHPはコチラ↓
https://www.lutra-lutra.com

深谷の夏を乗り切れ

以前の記事でも書いていますが私は深谷にある
クライミングジムでロゴやグッズデザインの
お手伝いを何回かしていました。

関連記事はコチラ↓
https://h-five5.com/post-643/
https://h-five5.com/post-700/
https://h-five5.com/post-923/

そんなジムオーナーと店長から夏に向けて
新しいTシャツとタンクトップを作りたいので
デザインを手伝って欲しいと連絡が来ました。

深谷市と言えば日本一暑い街を競っている
お隣の熊谷市に負けず、夏は暑くなります。

私はぜひ新しいデザインのTシャツで夏を
乗り切って欲しいと思い取り組みました!

絵心のある店長

店長の加島智子さんは絵心があり可愛らしい
キャラクターを作る事を得意としています。

Lutra Lutraから依頼される多くの場合は
店長からイメージスケッチをもらいそこから
デザインを整理しながらデータ化していくので
アレンジ要素が強いかもしれません。

今回はTシャツの前面と背面にそれぞれ違う
イラストをプリントする仕様になります。

↑前面のデザインは【カワウソパンチ】を
テーマにしたイラストになります。

上のスケッチ左側2つをデータ化すること
になりました。

↑背面はこのスケッチ1択の様です。
【ノコギリキック】ジャイアント馬場を
思い出しますね。

前面背面両方とも顔は既存データで作成
したいという事なので早速作って行きます。

そのままトレースしても上手くいかない

いくら具体的なラフスケッチがあっても
そのままトレースするとイラストの完成度が
落ちてしまします。

例えば上のスケッチ赤丸部分。
よく見るとボクシングパンツと膝関節の
関係性がおかしくなっています。

ラフを参考に店長の意図を想像しながら
与件通りに作成したのが下のイラストです↓

まぁまぁ良いのですが顔を既存ロゴデータの
まま仕上げたので身体と線の雰囲気が変わっ
てしまい違和感があります。

そこで改めて顔も描き起こしたものが以下の
イラストになります↓

顔と身体、同じタッチの線で作成しました。
概ね良くなりましたね!

文字を入れて微調整しながらオーナーと
店長の意見を確認します。

最終調整

大体OKをもらったのですが
前面【カワウソパンチ】の目と、
フォントのバリエーションを見てみたい
と言う事なので作ってみました。

検討の結果、目はIDEA_A
フォントはIDEA_Dの組み合わせで
決まりました。

冒頭に掲載されているデザインになります。

背面【ノコギリキック】はIDEA_Dの
組み合わせに決まりました。

↑完成形です。

元気の良いデザインになりました!

店長のスケッチを踏襲しながらより元気の良い
デザインに仕上がったと思います。

また元々のイメージがはっきりしているので
完成までのプロセスもスムーズに行きました。

そしてオーナーと店長がなるべく手戻りのない
様に配慮してくれたことに感謝しています。

実際の商品写真は以下のページより
確認できます↓
https://www.lutra-lutra.com/posts/20194910

銀色のプリントがオシャレですね!

Lutra Lutra Climb Parkはとても良いジムなの
で興味のある方はぜひ行ってみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では本日はこの辺で。
年末に向けて頑張って行きましょう!