保護猫カフェとコラボすることになりました(13)

こんにちは、今日も保護猫カフェとコラボした
話をしていきます。

いよいよ壁画制作が始まりました!

前回までクラウドファンディングの返礼品につ
いて書いてきましたが、いよいよ返礼品の中で
1番大きな作品である壁画に取りかかります。

関連記事はコチラ↓
https://h-five5.com/post-1578/

まずは壁下地の整備から

3月までに造園作業が行われとても綺麗になっ
た店舗アプローチ。

この右側の壁に壁画を描くことになるのですが
今のままでは下地が悪すぎて絵を描くことが出
来ません。

そこで塗装のプロに入って頂き下地の研磨と
パテ埋めなどをして貰います。

まずは掲示物や装飾品を外し壁を研磨します。

次に壁の継ぎ目にパテうめをし穴を塞いで
いきます。

あらかた研磨とパテ埋めが終わったら塗料の
のりが良くなる下地材を塗っていきます。

この時点で3日ほどかかっているようですが
目地部分の凹凸は埋めきれないようですね。

絵を描くうえでこの目地部の処理が苦労する
ことは想像できますが予算の都合もあるので
与えられた条件で進めることにします。

そして下地作業が終わった時にはグレーの壁に
なっています。

背景色を塗っていきます

壁下地の整備が終わるといよいよ背景色を
塗っていきます。

この背景色までが塗装業者の作業になります。

計画当初の背景色は冒頭イラストのように
ピンクだったのですが、アプローチがシックな
イメージに仕上がったので、白に変更になりま
した。

作業員の方が慣れた手つきで手前から塗って
いきます。

下地の色が透けないように3回重ねて塗って
います。

ここまでで養生作業含めて3時間ほど。
流石に仕事が早いですね!

次に地面部分の茶色を2回塗って背景色は
完成です!

塗料の扱いに慣れるため私も参加させて
頂きました。

そうこうして出来上がった背景はとても綺麗な
仕上がりで「このまま壁画を描かないほうが良
いのでは?」と提案したほどです(笑)

時間があったので下描きを始めました

この日の作業は背景色を塗るところまでだった
のですが早く出来て時間が余ったので下描き
まで進めることにしました。

私はこの壁画の話を頂いてから心配だったこと
が2点ほどありました。

ひとつ目は、原画を大きく描いた時に歪んで
しまうこと。
もうひとつは、塗料とハケ・筆の扱いです。

歪みについては壁にグリッドを描いて位置の
目安をつけました。

横目地と縦の線でズレが少なくなるように
チョークで下描きしていきます。

まず手前1面を描いてみたのですが思ったより
歪みもなくほぼ原画の通りに描けるので、
安心して楽しくなりました(笑)

楽しくなったので日が暮れるまでに下絵を一気
に描きあげました。

ただ描いていて予定と違ったのは手前に花壇が
あることです。

当初この花壇は予定に無かったので足の形状を
変えていかないと花壇に猫の足が隠れてしまい
ます。

なので花壇の形状を考慮しながらその場で下絵
を調整していきます。

なかなか苦労しましたがそれも上手く
出来ました。

天気を気にしながら

下絵が出来たらいよいよ塗料を使うのですが
チョークの下絵は雨で消えてしまいます。

なので輪郭線までは雨が降る前に描きあげて
おかないといけません。

幸いこの日の翌日から4日間は晴れ予報だった
ので1日あけてから塗料を使うことにしました。

その理由は、まず1日あけることで下絵を冷静
に見直せること。

もうひとつはしゃがみ仕事で膝と腰に負担が
かかり一度身体を休ませたかったからです。

と言うわけで今回はこの辺で終わりにします。
次回から塗料を使ったスミ入れから塗りまで
続きますので宜しくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ではゴールデンウィークを楽しんでください!