Lutra Lutra Climb Park ロゴデザイン

こんにちは、今日は知人が運営している
クライミングジムのお手伝いをした記事です。

オープニングのお手伝い

私が趣味でクライミングをしているのは以前の
記事でご紹介した通りです。

↓関連記事のリンクを貼っておきます。
【クライミング10周年!】
https://h-five5.com/post-190/
【クライミングシューズ18足目】
https://h-five5.com/post-292/

私が通っているホームジムに、ワールドカップ
出場経験があり、ジャパンカップでも2位に
なった事があるプロクライマーのスタッフが
いました。

そのスタッフは加島智子さんと言い、
クライミングの強さは圧巻でした。
小さい身体ながらダイナミックな登りで、
見ていて惚れ惚れするクライマーです。

そして人柄も良く、いつもお客様にニコニコと
笑顔で接していました。

そんな加島さんが旦那様とクライミングジムを
オープンすると聞いたのは今から3年以上前で
その時はすでに物件なども決まっていました。

私は加島選手のファンですので、何かお手伝い
が出来ないか申し入れたところ、ロゴなどの
デザインで困っていると聞き、そのパートで
お手伝いする事になりました。

絵心のある加島さん

ジムの場所は埼玉県の深谷市で、
名前はカワウソと言う意味の
Lutra Lutra Climb Parkに決まりました。

加島さんはもともと絵心のある人で、
ロゴマークもしっかりイメージが出来上がって
いました。

そのラフスケッチは以下のものです↓

左側のスケッチは完成度が高いですね!
そのまま使えそうですが手描き部分を原稿用に
データ化する必要がありました。

そこで、ご意見ご要望を確認したところ
それぞれのスケッチを用途を変えて使いたい
との事でした。

そう言う事ならと、まずはなるべく加島さんの
手描きの雰囲気をこわさないように、Adobe
Illustratorで描き起こしました。

描き起こした後、私からお伝えしたのはジムの
ブランディングを考えてもロゴは統一した方が
良いと言う事です。

まずジムのロゴを統一し、そこから派生して
グッズなどに展開する方がロゴの信用度が
上がるからです。

ブランディングの観点から言うと
ロゴの信用=ジムの信用になります。

相談の結果、顔は左側のイラストで文字は
真中下のものを使いロゴマークを作成。

カワウソの顔は統一し、全てのタイプの
イラストに展開して欲しいとの事でした。

そしてまとめたのが以下のものです↓

左上がロゴマーク、左下はサブロゴ、
右はTシャツ用イラストになります。

ロゴマークからグッズ化へ

手描きの雰囲気を壊さない事と、ロゴマーク
として抑えておくべき規則性みたいな事に気を
つけて仕上げましたが、もともとのスケッチが
しっかりしていたので、それ程難しい作業では
なかったです。

気をつけた規則性は、同じ文字は同じ形にする
とか線の太さを変えないと言ったところです。

出来上がったものは、どれも加島さんらしく
可愛らしいデザインになりました。

まずはジムのHPリンクしておきます↓
https://www.lutra-lutra.com
お近くにお立ちよりの際は、
ぜひチャレンジしてみてください!

そして、オープン時に制作したグッズです↓

ネギキャンパ Tシャツ

このTシャツは中々の人気のようですが
モチーフがクスッと笑えます。

まずは、クライミング用トレーニングの
ひとつであるキャンパシングをモチーフに
しています。

キャンパシングとは指だけでラダーと
言われる板状の突起をつかんで登る行為です。

伝わりにくいので映像を貼ります↓

クレイジーですね・・・(笑)

このラダー部分を深谷ネギにしてるんですね!
さすが加島さんユーモアたっぷりです(笑)

地域密着型

加島さんは、地元に根付いたジム作りを
しているので深谷愛が凄いです!

そんなジムに何回かお伺いしたのですが、
ご夫婦の人柄が現れている、
とても良いジムでした。

壁も大きくハードな課題も多いので
ここに通うと強くなりますね。

では、本日はこの辺で。
週中、調子上げていきましょう!

PS.
Lutra Lutra Climb Park デザインネタ
もう少しあるので不定期に続きます。